Adobe CCは3台以上のPCで使える?インストールやダウンロードの仕組み

画像:Adobe CCのインストールとライセンス認証は何台まで可能?

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)を使ってPhotoshopやIllustratorなどのアプリをダウンロードする際、こんな疑問をお持ちでは無いでしょうか?

  • MacやWindowsなど複数のPCにアプリをインストール出来るのか?
  • 1つのライセンス認証で何台のPCで使用できるのか?

昔と違い、今ではクラウドでのサブスクリプション形式なのでかなり柔軟な使い方が出来る様になりました。

ですが、インストールやライセンス認証、アカウントやアクティベートなどの意味がややこしくて悩みますよね?

この記事では、実際に1つのライセンスでどの様に利用出来るのかを解説します。これからは安心して使えますね。

3台以上のPCにアプリをインストール出来る?

画像:Adobeのアプリは3台以上のPCにインストール可能。MacやWindowsとの組み合わせも出来る。

アドビのアプリは3台以上のPCにインストール出来ます。あくまでダウンロードしてインストールする所まで。

現実的な使い方としては、

  • MacとWindowsでの使い分け
  • 会社と自宅での使い分け

会社や個人なら、3台以上のパソコンにインストールする事はあまり無いかも知れません。

Adobe CCへ同時にログイン出来るのは何人?

画像:Adobe CCは最大2台以上のPCでアクティベート、ログイン状態を維持する

前述のインストールするだけとは違い、実際に起動してログイン(ライセンス認証)するには1つのライセンスで最大2台のPCまで

会社でアドビを利用している人は、ライセンスがグループ管理されたアドビアカウントを使っているはず。

会社支給のPCもデスクトップとノートPCの2台くらいだと思いますので丁度良いですね。

3台目にログインするには、先にログインしたPCからログアウトする必要があります。

アドビの公式には以下の様に書いてあります。

最大2台のコンピューターでアプリをアクティベートしてログイン状態を維持できます。

アドビ公式より

アクティベートとは「起動する」こと。つまり、Adobe CCは同時に2台まで起動出来ます。

PCの買い替えなど2台以上でログインしようとした場合は?

画像:Adobe CCは最大2台以上のPCでディアクティベート、ログアウトする

例えばPCが壊れてライセンス認証を解除出来ていなかった場合でも問題ありません。

2台以上でログインしようとした場合、上の画像の様にダイアログ画面が表示されますのでライセンス認証の問題も簡単に解決します。

  • 古いPCからログアウト出来ない時は【自動的にログアウトして~】を選択
  • 別のPCにアクセス出来る時は【~手動でログアウト済】を選択

これでadobe CSの時の様にライセンス認証で困る事はありませんね。

アプリの使用は同時に何台出来る?

画像:Adobeのアプリは同時に1台のみ

Photoshopなどアプリの使用に関しては、同時に1台のPCでのみ使用可能です。

会社用と自宅用で使い分ける場合は、アカウントのサインアウトをしてライセンス認証を切り替えればOKです。アプリもPCにインストールしたままでアンインストールも必要ありません。

アドビアプリケーションへのログインとライセンス認証

Adobe Creative Cloudアプリはアンインストールしない

Creative Cloudデスクトップアプリは可能な限りアンインストールしないでください。

アドビのヘルプによると、「アプリの破損やインストールが上手くいかない時は、お使いのオペレーティングシステム用アンインストールツールをダウンロードして実行してください。」との事。

アンインストールツールのダウンロードはこちら

まとめ – Adobe Creative Cloudのログインとダウンロード

クラウド型のサブスクリプションは便利ですが、アカウントのライセンス認証がちょっと分かりづらいかも知れません。

まとめると、

  • 1つのAdobe Creative Cloudメンバーシップで、アプリを2台のコンピューターで有効にできます。
  • 3台目のコンピューターでアプリを有効にするには、最初の2 台のコンピューターのいずれかからログアウトが必要。
  • ログアウトすると、コンピューターのAdobe IDに関連付けられたすべてのインストール済みCreative Cloudアプリとサービスの認証が解除されます。

いずれにしても、アプリを起動して使えるのは同時にPC1台まで。上手く活用して下さいね。