【2023年】jQueryは終わった?オワコン?勉強した方が良い理由

画像:2023年現在、jQueryはオワコン?終わったのか?勉強すべきか答えます。

jQueryはオワコン」「jQueryは終わった」なんて言う人が居る一方で、現在でもjQueryを使っているWebサイトはよく見かけます。(執筆:2023年1月)

jQueryはWebデザイナーでも習得しやすく、勉強した方が良いと言われる訳ですが、

せっかくjQueryを勉強しても本当に使わないなら時間の無駄になるし、どうしたらいいかなぁ」「Webデザイナーだけど、今も勉強しておいた方が良い?

こんな疑問に対して、実際の所はどうなのか?理由も併せてお答えしていきます。

jQueryはオワコンと言われるけど本当?

実際に「jQueryってオワコン?なぜ」って質問を受ける事があります。

Webデザイナーなど、これから習得を考えている人からすれば、勉強が無駄になるかも知れず不安ですよね?

しかし、僕が知る限り「jQueryは終わった」という話は数年前から言われていました。(Bootstrapもですが)

元々はプログラムが苦手なWebデザイナーでも習得しやすい事が人気の理由でした。現在ではjQueryを使わずともCSSで表現出来る事が増えた事やJavaScript自体の進化、古いブラウザが消えていった事も影響があると思います。

実際は、作る物や需要の多さ、制作コストなどで考え方が変わります。

Web制作会社やフリーランスなど、制作現場ではどの様に利用しているのか書いていきます。

jQueryの特徴と機能、メリットは?

改めて解説すると、jQueryはJaveScriptのライブラリの事。ライブラリとは、汎用性の高い複数のプログラムを再利用可能な形でひとまとまりにしたものです。

大雑把に言うと、jQueryを利用すればJavaScriptの様に長くて複雑なプログラムをもっと簡略化して使えます。

プログラムが苦手なWebデザイナーでも、HTMLやCSSを理解していれば扱いやすいのが大きなメリットです。

例えば、ウェブデザイナーでも以下の様な機能を良く使います。

  • マウスやキーボードを使った操作でのイベント
  • HTMLとCSSを変更するなどの操作
  • エフェクトやアニメーションを付ける
  • プラグインを利用して表現力アップ

ウェブサイトの画面右下にある「TOPへ戻る」ボタンやクリックすれば開くアコーディオンメニュー、ポップアップ画面なども作れます。

更にプラグインを読み込ませれば複雑な事も出来るので、よく見かける画像が次々に切り替わるスライダーなども使えます。

見た目や操作性にこだわりたいWebデザイナーでも扱いやすいので人気があるんです。

これらは一例ですが、現在でも色々なウェブサイトで見かけますよね。それでもjQueryは終わった、オワコンだと思いますか?

jQueryのデメリットは?

もちろんjQueryにだってデメリットは有ります。それは短いコードであってもjQuery本体やライブラリを読み込ませる必要がある事。

ブラウザの読み込みスピードを上げる為にはjQueryのファイルサイズが大きいから駄目だという人が居るんです。

確かにコードが短い場合はjQueryなしのJavaScriptで記述するほうが、ブラウザ上での処理が速くなる場合があります。

ですが、よく使う簡単な機能ならライブラリを使わなくても十分対応可能です。

そもそも、jQueryのファイルサイズが気になる程のシビアな案件ならばWebデザイナーの領域ではなく、エンジニアとか他の専門分野の人達が何とかすべき内容です。

jQueryを悪者にしたくてオワコン扱い

IT業界は次々と新しい技術が出てきます。当然、jQueryの欠点を補うような新しい技術だって出てくるわけです。

良くも悪くもエンジニアだと新しい技術に興味があり、すぐに試してみたいと考える人も居ます。

現状に不満を持っていた人達は新しい技術に乗り換えたい訳ですから、「新しくてもっと良いプログラムがあるのに・・・」となり、全力で否定するんですね。この反応はjQueryが登場した当時も同じだったわけです。

ですが、少なくとも目の前の仕事で必要とされている技術が優先です。

制作物や誰が使うのかによって求められる技術も違うので、一括りに考えてはいけません。

新しい技術が幾つか出てきた

個人的にはReactやVue、AngularなどJavaScriptライブラリ・フレームワークが出てきた事により「jQueryはオワコン」と言われる事が多くなった様に思います。

ただし、ReactやVue、Angularはフロントエンジニアでのアプリ開発需要が多く、「よし今日からjQueryは止めてVueを使うぞ!」とはなりません。というか会社だとWebデザイナーよりエンジニアにお願いすると思います。

仮にjQueryを使わないと決めても、既存サイトの運用や制作コストを考えると現状はすぐに変わらないです。

jQueryがオワコンで無いなら需要はあるの?

主にWebデザイナー向けに書いていますが、結局は使いどころ次第です。ではどんな所で使う事が多いのか紹介します。

  • LP(ランディングページ)
  • キャンペーンサイトやそのページ
  • 既存のWebサイトの更新や追加ページ
  • 中小規模の新規Webサイト

例えば、1ページで完結するLP(ランディングページ)では、Webデザイナーがコーディングまでする事もよくあります。よくある動きや見せ方にはjQueryが丁度良かったりします。

お問い合わせや購入先の処理が必要な物であれば、エンジニアと連携するので大丈夫です。

要するに、フロントエンドである見た目(ちょっとした動きや装飾表現)では活躍します。ビジュアル面はエンジニアよりもデザイナーにお願いしたい部分でもあります。

職種を超えて連携するのが普通なので、結局はこういった考えに帰結するんですね。

jQueryは終わった?の結論は、勉強したほうが良い!

結論から言うと以下の意見が多く、勉強しておく方が良さげ。自分も同意見です。

  1. 需要があるので、とりあえず勉強して損はない
  2. 将来的に何がしたいかで決めれば良いのでは?

Twitterでのツイートを見ても、Web制作の勉強をしている多くの人が現在でもjQueryを勉強しています。

Web制作の学習が出来るオンラインサービスを見てもjQueryのコースは人気です。

もちろん、これには理由があります。

① とりあえず勉強して損はない

なんだかんだで、Web制作の現場では新規案件でも普通にjQueryを使う事が多いです。

ましてや既存のサイト運用ならすでにjQueryを使っている事が殆ど。jQueryが扱える人は有用です。不要だと考えていても、需要があるのに使えないのでは困りますよね。

jQueryは学習コストもそれほど高くない事もあり、Webサイトでよく使う機能を取り入れたサイトも割と簡単に作れます。

jQueryは、HTMLとCSSが使えればプログラムが苦手なWebデザイナーでも覚えやすいのが人気の理由です。

これらの理由から、非エンジニアのWebデザイナーにも需要があるんですね。

② 将来的に何がしたいかで決めれば良いのでは?

エンジニアとして自社サイトやアプリ開発などに携わりたいのであればjQueryは使えなくても困らないと思います。

先に触れたReactやVue、Angularなどはフロントエンド開発として実際に多くの求人があります。ただし、あくまでエンジニアとしての需要です。

つまり、目的によって使い分けすれば「jQueryはオワコンだ」とはならない事が分かるはずです。

「自分が将来何を制作したいのか」によって、

  1. Web制作をしたいのでjQueryを勉強しておく
  2. アプリ開発したいからフレームワークを勉強する

実際に僕の周りの人達もこんな感じで柔軟に仕事をしています。

フリーランスなら勉強する価値あり

将来フリーランスになるとか、副業をするならjQueryを勉強する価値は十分あります。

クラウドワークスやランサーズ、ココナラといったサービスではjQueryを必要とする制作依頼も多いです。

一方、ReactやVue、Angularなどはフリーランス系のサービスで需要があります。

この事からも「jQueryは終わった」のではなく、目的によって求められるものが違うだけだと分かりますよね。

jQuery習得にはJavaScriptを勉強してから?

jQueryを習得するにはJavaScriptを先に勉強した方がいいの?こんな質問を受ける事があります。

経験として、少なくともJavaScriptの基本くらいは理解しておくべきです。そうする事で結果的にjQuery習得のプラスになります。

jQueryの人気の秘密はWebデザイナーなど非エンジニアでも習得しやすい事。jQueryを勉強しつつJavaScriptの基本も学ぶ。

興味度合いに応じてJavaScriptの理解も深めていく。そんな感じです。

上記の書籍はWebサイトでよく使う基本的な動きの原理や仕組みをサンプルコードと共に学べます。

こちらの書籍は出版時期は少し古いのですが、サンプル機能を基本編と応用編に分けて解説してあり、比較する事で沢山の気付きがあります。

画像:Webデザインを独学で勉強 初心者デザイナーにもおすすめの本

まとめ

jQueryは今の所、オワコンではなく終わったものでもありません。用途や目的によって使い分けるので、Web制作の現場では普通に使われています。

学習コストも低いので、早めに習得してWeb制作で使っていきましょう。

ちなみにこのワードプレスのブログでもjQueryが実装されていますよ。

画像:GoogleのHTML・CSSスタイルガイド
画像:今時のおすすめリセットCSSは?Reset CSS