準備編 未経験でも必須のポートフォリオサイトとは?サーバーも紹介します

画像:オリジナリティで差をつけろ! ポートフォリオサイトの始め方 準備編

Webデザイナーやコーダーをはじめ、クリエイティブな仕事に就きたい人はポートフォリオサイトを作るのが必須です。

実務未経験である学生の就職や、他業界からの転職であっても必須です。

実は、実績が無くてもポートフォリオサイトは作れます。実績が無ければ尚更の事、ポートフォリオサイトでスキルをアピールする必要があります。

今回は、こんなに大事なポートフォリオとはそもそも何なのか?また、作るにあたって必要になるサーバーについても解説していきます。

ポートフォリオサイトとは、自分の作品の実績を掲載したサイトの事。
見て欲しい作品そのものだけでなく、こだわりや考え方、自分が携わった箇所などを注釈を交えて見せる事が出来ます。

例えばWeb系以外の職種でも、お客様に自分を売り込む為に活用すると仕事に繋がり易くなります。

ポートフォリオの重要度

重要度: ポートフォリオ・実績 > どんな努力をしたのか > 学歴・年齢

サイトが必要な職種・業界で言えば、
ウェブデザイナー、コーダー、グラフィックデザイナー、ゲーム業界、映像業界、フォトグラファー、ライターなどでしょう。

相手に見せるにしても、紙のポートフォリオだと限界があります。サイトであれば、URLを伝えるだけで済みます。もちろん作品の追加や修正だってすぐ出来ます。
画像:未経験でWebデザイナーになる最低限必要なスキルと勉強はこれ!

未経験でWebデザイナーになる最低限必要なスキルと勉強はこれ!

そもそもポートフォリオサイトとは?

就職や転職時に求められるポートフォリオサイトは、今までの制作物をまとめたウェブサイト形式の作品集です。

ポートフォリオサイトは履歴書や職務経歴書と同じかそれ以上に重要なもの。その評価によって面接の選考結果に大きな影響を与えます。

クリエイティブ職は資格や学歴よりも、実力の世界です。その能力を証明するものとしてポートフォリオを作るんです。

グラフィックデザイナーなら紙で作ったものを用意する事もありますが、ウェブデザイナーやコーダーならサイト形式で見せるポートフォリオサイトが適しています。

ポートフォリオサイトを作るメリット

ポートフォリオサイトなら、URLを企業に送れば、作ったウェブサイトを実際に触ってもらう事も出来ます。何より、作品の更新や管理が楽です。
一方、紙のポートフォリオならその都度印刷したり、企業に渡す必要があります。

手間と金銭的な事を考えると、断然ポートフォリオサイトの方が良いです。

ポートフォリオの作り方は大きく分けると2つ

選択肢は2つで、ワードプレスで作るのか、既存のサービスを利用して作るのか。

ウェブデザイナーやコーダーならワードプレスです。

それ以外の映像系やゲーム系の方はどちらでも良いと思います。

① WordPress(ワードプレス)を利用して作る、もしくは1から自作

自分でサーバー借りて、ポートフォリオに適したテーマ(テンプレート)を使ってカスタマイズをすればOK。WordPressを簡単にインストール出来るおすすめレンタルサーバーは後程ご紹介しますね。

メリット

これは、ウェブ制作系の人に特におすすめです。特に未経験者なら必須です。なぜなら、WordPress(無料)で作ったこと自体がアピールポイントだからです。当然独自ドメイン取得も必須です。
フリーランスで活動されている方なら個性を出して差別化を図れます。

デメリット

レンタルサーバー代が月に数百円掛かります。
ただし、本気でやるならこれくらいの出費は必要です。

② ポートフォリオサイトを作れるサービス(無料・有料)を利用する

ポートフォリオサイトという位なのでサイトを作る必要があるのですが、そんなの作ったことないって方も多いと思います。ウェブ制作系でなければサービス(無料・有料)を利用する選択肢もあります。

検索すれば色んなサービスが出てきます。
無料の場合、各社で共通しているメリット・デメリットをあげると、

メリット

・分かり易い管理画面があるので、HTMLやCSSの知識が不要。
・サーバーを借りたりする必要もなく、すぐ始められる。

デメリット

・オリジナリティがなく、没個性になってしまう。
・掲載できる画像や作れるページ数に制限がある。
・独自ドメインが使えない。
・これ以上の事をする時は結局有料になる。

諸々掛かる費用を考えると、やはりWordPressが良いとは思います。レンタルサーバー代と独自ドメイン代の方がお得です。

ちなみに、レンタルサーバーとドメインは同じ会社で取得するのがおすすめ。管理と設定が楽です。

最低限ポートフォリオに載せるべき情報

職種によって掲載すべき内容も違いますが、最低限あったほうが良い情報があります。

あえて全部載せずに、アピール出来る物だけに絞ったほうが良いと思います。
WEBデザイナーを例に説明すると、

  • 1.サイト制作ならサイト名、URL、コンセプトやターゲット
  • 2.作品の写真やキャプチャ画像
  • 3.自分が携わった作業内容(担当した個所や制作期間、使用したツールなど)
  • 4.作品説明とコメント(自身でどのように考え、工夫したのかなど)
自分に当てはめて考えてくださいね。

繰り返しですが、サイト自体を自分で用意すれば、こういった掲載内容の項目だってオリジナリティのあるものにカスタマイズ出来ます。

もし、ポートフォリオ作成サービスを利用するなら、これらの情報を上手く見せる事が出来るサイトなのか見極める必要があります。

皆はどんなものを載せているの?

実務での制作物が無い場合は以下の物を載せている人が多いです。

  1. スクールで作った課題や卒業制作のウェブサイトやバナーなどのパーツ
  2. 架空のウェブサイト(この場合、ターゲットやコンセプトもしっかり用意)
  3. 同じく、バナーやアイコン等のパーツ
  4. 趣味であってもアピール出来るレベルであれば、イラストや写真など

載せる物が少ないからと言って、何でも載せて良い訳ではありません。自信のあるものだけに絞り、その分しっかりとした説明を付けておく方が良いです。

ポートフォリオにおすすめのレンタルサーバー

Webデザイナーやエンジニアがポートフォリオを公開するのにおすすめのレンタルサーバーをピックアップしました。

この記事で紹介するレンタルサーバーは全て僕が実際にポートフォリオ作成やウェブサイト制作でも使った事があり、本当におすすめ出来るものを紹介しています。

今回はポートフォリオの公開が目的ですので、その為に必要な条件も紹介します。

ポートフォリオに必要なレンタルサーバーの条件とは

価格が安い

ポートフォリオ作成が目的なので、それ程高機能・高価格でなくても大丈夫です。

容量などもそれ程使う事はありませんし、大量アクセスがあってサーバーに負荷がかかる事もありませんので。

WordPressが使える

ウェブ制作に関わる人ならば、自分でWordPressを構築出来る方が好ましいとは思います。

ただ、おすすめしているレンタルサーバー全てにWordPressを簡単にインストール出来る機能があります。便利な物は利用すれば良いと思いますので、ポートフォリオ制作に時間を使いましょう。

無料で独自SSLを導入できる

おすすめレンタルサーバーでは当たり前に利用出来ます。加えて、独自ドメインも取得しましょう。

大手のサーバーである

人気のない廃れたレンタルサーバーも沢山あります。そういった所は、管理画面が使いづらかったり、上記で紹介した機能やサービスが無かったりします。

迷ったら選べるプランの多い『ロリポップ』

Webデザイナーとして実際に業務でもよく使うサーバーでもあります。中小規模やお店などのサイトが多い気がします。

ここからどうぞ → ロリポップ!スペック表

今のうちに使い慣れておくのも良いですね。以下、詳細記事もご覧くださいね。

図解:スペック大幅向上!進化したロリポップレンタルサーバーとは?

スペック大幅向上!進化したロリポップレンタルサーバーとは?

速度と実績もバツグンの『エックスサーバー』

画像:安定性や実績で選ぶレンタルサーバー エックスサーバー

ロリポップと並ぶ老舗のレンタルサーバー会社です。高機能で実績もあるので企業のサーバでもよく見かけます。

公式:エックスサーバー

以下、詳細記事が参考になります。

画像:安定や実績で選ぶのならおすすめはエックスサーバーで決まり!

安定や実績で選ぶのならおすすめはエックスサーバーで決まり!

まとめ

ポートフォリオサイトは能力を証明するものなので、面接選考においては必須です。

載せる物が少なくても工夫次第で何とかなるので、是非作ってくださいね。

ちなみに、無料のレンタルサーバーだと広告が出たりするものが殆どです。
面接担当からすれば、そんなポートフォリオで応募して来たら、その時点で不採用にするかもしれません。

ポートフォリオサイトは個性を出せる名刺の様なもの。相手にもその本気度が伝わります。
必要最低限の投資だと考えてはいかがでしょうか?

なんだかんだで、有料レンタルサーバーでWordPress(ワードプレス)をインストールしてポートフォリオサイトを作るのが一番良いですね。

画像:ポートフォリオの作り方 実績以外のアピール法

未経験Webデザイナーで実績無し – ポートフォリオサイトは必要?

画像:未経験でWebデザイナーになる最低限必要なスキルと勉強はこれ!

未経験でWebデザイナーになる最低限必要なスキルと勉強はこれ!

図解:ポートフォリオサイトの作り方 効果的な魅せ方と伝え方

構成編 未経験者OK ポートフォリオサイトのレイアウトと作り方を解説

画像:おすすめサーバー3社比較 目的とタイプで選べる

目的とタイプで選べるおすすめレンタルサーバー3社比較