おしゃれでかわいいQRコード作成 おすすめ無料アプリ3選+SNS

画像:簡単QRコードの作り方 通販購入後に再訪問しやすくする方法

QRコードはブログなど自分のURLがあれば、誰でも簡単に作れるって知ってましたか?

ここではおしゃれでかわいいQRコードが作れる無料アプリサービスや、Instagram・TwitterなどSNSでのQRコード取得方法を紹介します。

QRコードをスマホで読み込めばURLを入力する手間が省けます。使いどころは多く、アイデア次第。SNSとの相性も良いので積極的に活用したいですね。

例えば、ハンドメイド作品販売のミンネやクリーマ等でも、購入者宛てのショップカードにQRコードを付けておけば再訪問してもらいやすいです。

イベントの告知用のチラシだったり、お店のポップ等でもよく見かけますよね。

今回は無料でQRコードを作れるサービスと、QRコード側でどんな事が出来るのか紹介します。販促強化にお役立てください。

QRコードはどんな風に活用するの?

QRコードの利用イメージ

繰り返しですが、QRコードを活用出来るシチュエーションは沢山あります。

  1. 通販サイトで購入者にリピートしてもらう。
  2. PCページで表示してスマホから簡単にブログへアクセスしてもらう。
  3. イベントや何かの告知で特設サイトへ誘導したい。
  4. 実店舗でのポップに印刷する。

今はスマホユーザーが多いですし、QRコードでURLを入力するのは大変です。その点、QRコードだと読み込むだけ。「スマホの手軽さとQRコードの簡便さ」双方の良さを活かせます。

QRコードから特定のページへ呼び込み、そこでクーポンを配布したり、そのページに来た人だけにプレゼントをあげるなんて使い方も出来ます。

他にも、ブログのPC画面に付けておけば、QRコードを読み込むだけでスマホ表示出来ます。外出先でブログ読みたいって人には助かります。

まさにアイデア次第!

もう少し詳しく解説しますね。

通販サイトで購入者にリピートしてもらう

例えばミンネやクリーマでハンドメイド販売しているなら、商品発送時にショップカードにQRコードを添付するとリピーターが増えるかもしれません。

ECサイト運営しているならキャンペーンサイトへ誘導も出来ますよね。

FUERU
実際にECサイトのショップカードでよく見かけますよね。

イベントや何かの告知で特設サイトへ誘導

QRコードを読み込んでくれた人だけに特典を付ける事で集客に繋げます。QRコードを使ったサービスもあるのでチェックしてみて下さいね。

QRコードサービスによってはクーポンを発行したりアクセスを解析したりも出来るので販促ツールとして使えますよ。

実店舗のポップに印刷する

お店に行くとQRコードをよく見かけますよね?LINEでお友達登録とかもそうですし、自社サイトへ誘導してファンになってもらうとか。

実店舗があるなら使わない手はありません。QRコード経由のキャンペーンページやSNSでの拡散もしやすいです。

QRコードに使えるURLは?

ECサイトであれば、大抵の場合キャンペーンページ毎にURLが違うので、そのURLをQRコードに変換します。

ページへのアクセスがQRコード経由だったのかを知りたければ、URLに計測用のパラメーターを付ける事も出来ます。

ハンドメイド作品販売のミンネを例に挙げると、

各作家のURL(作品一覧ページ)は、「https://minne.com/」+「@ユーザーID」となっていますのでこれをQRコードにします。

プロフィールページに誘導したい場合は、ユーザーIDのあとに「/profile」を追加して、
「https://minne.com/@ユーザーID/profile」とします。

レビューして欲しいなら、「/reviews」を追加して、
「https://minne.com/@ユーザーID/reviews」です。

一般的なECサイトやブログも理屈は同じなので、誘導先を想定してURLを準備すればOKです。

次に、実際にQRコードを作れるおすすめの無料サービスをご紹介していきますね。

※ちなみに、PCのGoogle Chrome(Windowsなら右クリック)でもQRコードを作れます。URLさえあれば画像だってQRコードに出来ます。

QRのススメ – QRコード作成サイト/無料版

画像:QR作成サービス 「QRのススメ」
QR作成サービス 「QRのススメ」

サイズや色を設定したりアイコンを入れるなど個性的なQRコードを作れます。基本的にはURLと欲しいサイズなどを入力していくだけでOKです。

必要ならバーコード経由でのアクセスを集計出来ます。これはご自身のお好みで選べば大丈夫です。

他にもあまり見かけない様な物もQRコードに出来ます。色々な機能がありますし、見ているだけでも楽しいです。

図解:QRのススメ QRデザインサンプル
QRのススメ QRデザインサンプル
  1. ユーザー登録不要
  2. 商用利用OK
  3. 無制限・無期限
  4. 無料

参考:QRのススメ ここから行けますよ。

CMAN – QRコード[二次元バーコード]作成【無料】

画像:QR作成サービス CMAN「QRコード作成」
QR作成サービス CMAN「QRコード作成」

ご存じの方も多いサイトだと思いますが、このCMANのサイトでもQRコードを作成出来ます。
「自由入力」「URL用QR」「メールQR」「地図QR」などの種類があります。

「URL用QR」「メールQR」ではURL(ホームページアドレス)やメールアドレスのチェックが行われQRコードに変換されますので入力ミスの軽減となります。一応最後に読み取り出来るかチェックはして下さいね。

他のサイトと違うのは、QRコードを文字で囲める【囲み文字】の所です。サイト名やメッセージを入れると可愛いです。設定画面は少々分かりにくいですが、サイズや入れる文字、色なども変更可能です。

囲み文字は文字数や文字色を考慮してくださいね。

設定後は「ダウンロード」ボタンをクリック。

  1. ユーザー登録不要
  2. 商用利用OK
  3. 全て無料

参考:株式会社シーマン

クルクルManager – QRコードを活用した様々なサービスをお届け

画像:QR作成サービス 「クルクルManager」
QR作成サービス 「クルクルManager」

アカウント登録が必要ですが、QRコードを使った販促ツールとして使えるのが特徴です。
もちろん普通のQRコードも作れます。他のサービスと違い変わったデザインはありませんがアクセス解析も利用するか選択出来ます。

クルクルチャンネルというスマホアプリを使ったサービスがあり、自分のチャンネルに登録してくれたお客様にメッセージやクーポンを直接配信する事が出来ます。

  1. アカウント登録が必要
  2. 商用利用OK
  3. 全て無料

参考:クルクルManagerここからどうぞ。

InstagramのQRコード表示と保存方法

画像:スマートフォンでInstagramのQRコード作成
スマートフォンでInstagramのQRコード作成

InstagramのQRコード取得は凄く簡単です。※画像はiPhoneでの解説になります。

まず、スマホのInstagramアプリでQRコードを作りたいアカウントに切り替えます(アカウントが複数ある場合)。

表示から保存までの流れ

  1. 画面右上の三本線のドロワーアイコンをタップしてメニューを開く
  2. メニューの中央辺りにある「QRコード」をタップ
  3. QRコード」表示画面の右上にあるダウンロードアイコンをタップで保存

QR画面の上にある「カラー」をクリックすると「セルフィー」と「カラー」交互に切り替わり、QRコードの背景が変わります。カラーの方が可愛いです。

画像として保存されたQRコードは背景が付いた状態で、上の説明画像だとグラデーションが付きます。

QRコードの使いどころによっては背景が邪魔かもしれません。その場合は、先に説明した無料サービスをお試しください。

※SNSのアイコンやQRコードは利用規約を守ってお使いくださいね。

TwitterのQRコード表示と保存方法

画像:スマートフォンでTwitterのQRコード作成
スマートフォンでTwitterのQRコード作成

TwitterのQRコード取得もインスタグラムと同様に凄く簡単です。※画像はiPhoneでの解説になります。

表示から保存までの流れ

まず、スマホのTwitterアプリでQRコードを作りたいアカウントに切り替えます(アカウントが複数ある場合)。

  1. 画面左上の三点メニューをタップしてメニューを開く
  2. 画面下の「QRコード」のアイコンをタップ
  3. QRコード」表示画面の右上にあるダウンロードアイコンをタップで保存

画像ではQRコードの色は青色ですが、QRコードをタップするたびに色が変わります。

たったこれだけで、アカウントのプロフィールへのQRコードを作成出来ました。画像としてダウンロード出来ますので、PCサイトへの掲載やショップカード・チラシ等に活用出来ますね。

※SNSのアイコンやQRコードは利用規約を守ってお使いください。

FacebookのQRコード表示と保存方法

画像:スマートフォンでFacebookのQRコード作成
スマートフォンでFacebookのQRコード作成

FacebookのQRコード取得機能は場所が分かりづらいので、簡単な方法を紹介します。※画像はiPhoneでの解説になります。

まず、スマホのFacebookアプリでQRコードを作りたいアカウントに切り替えます(アカウントが複数ある場合)。ここまではTwitterと同じです。

表示から保存までの流れ

  1. 画面右上の虫眼鏡アイコンをタップして検索窓を開く
  2. 検索窓に「QR」と入力するとFacebookショートカットの「QRコード」が表示されるのでタップ
  3. QRコード画面内で右側の「QRコード」をタップでQRコードが表示される

QRコードは画面下から、「タイムラインでシェア」もしくは「携帯電話に保存」のどちらかを選びます。

PCや広告等で使うのなら「携帯電話に保存」を選びましょう。「タイムラインでシェア」は、その場で誰かとアドレス交換したい時に使えば良いです。

※SNSのアイコンやQRコードは利用規約を守ってお使いください。

まとめ

無料で作れるQRコードのサービスをご紹介いたしました。

スマホユーザーが多い現在では、いかにサイトに呼び込めるかが重要です。
その手段として、URLを入力する煩わしさが無いQRコードを導入してはいかがでしょうか。

この記事が参考になれば嬉しいです。

画像:minneの特長と登録の仕方までを解説 ハンドメイド作家になろう

ミンネとは?特徴やハンドメイド作家登録まで始め方を解説!

画像:minneのギャラリーは人気作家を参考にしよう!

ミンネ – 初心者が売れない理由?まずは人気作家を参考にしよう

画像:Facebookのプロフィール写真・画像を上手に設定するコツは?

Facebookのプロフィール写真・画像を上手に設定するコツは?