Googleスプレッドシートのセル幅を調整、広げたり揃える方法

画像:Googleスプレッドシート 行と列の幅を調整して見やすくする方法

Googleスプレッドシートでセルに文字を入力する際、デフォルトだとセルの幅や高さの余白が狭く感じる事は有りませんか?

列の幅や行の高さを調整する方法として以下の2つの方法を紹介します。

  • 列番号や行番号の境界線をドラッグで手動調整する
  • 数値やデータの長さで自動調整する

単にドラッグで引き延ばすやり方は、数が多いと時間が掛かりますし、不揃いで不格好になります。

行や列のセル幅がきちんと調整されているとシートの内容が伝わりやすいです。

それぞれの詳しい方法を解説しますので、状況に合わせて使いわけてください。セル幅の調整にひと手間掛けるだけで格段に読みやすいシートになりますよ。

手動で幅や高さを引き延ばす

画像:Googleスプレッドシート 複数の列を選択
Googleスプレッドシート 複数の列を選択

手早く幅や高さを調整するなら、行や列のをドラッグする方法が一番簡単です。

手動でも複数の行や列を一括で変更すれば、素早く均一にセル幅を調整する事が出来ます。

ドラッグして幅・高さを一括で調整

画像:Googleスプレッドシート ドラッグして複数の行や列の幅を一括で調整する
ドラッグして複数の行や列の幅を一括調整

行や列の境目にカーソルを合わせると境目の色が変わり、カーソルの形も変化します。

この状態で左右、または上下にドラッグする事で幅や高さを調整することが出来ます。

上の画像の様に複数の列を選んでいれば、選んだすべての列が同じサイズになります。ちょっと不思議な感じですが意外と便利です。

数値を指定してサイズ調整する

画像:Googleスプレッドシート メニューから選択した行・列のサイズ変更をする
メニューから選択した行・列のサイズ変更

行列番号の上で右クリック、もしくはマウスを重ねると矢印が出るので、そこからサイズ変更のメニューを選びます。

① 行列番号の矢印をクリック

行列の番号にカーソルを合わせると矢印が表示されます。

②選択した列(行)のサイズを変更をクリック

複数の列や行を選んでいれば「選択した列(行)のサイズを変更」となります。

1つであれば「単一列(行)のサイズを変更」の様に表示されます。

クリックするとポップアップメニューが出るので、数値で指定するかデータサイズに合わせるのどちらかを選択。

幅のサイズをピクセルで指定する

ピクセル単位で入力 – 数値で調整

行列の幅や高さをピクセル(px)単位で指定します。
Googleスプレッドシートの文字単位はポイント(pt)なのでどれくらいにすれば良いか分かりづらいかもしれません。

ちなみにPCでのウェブサイトのテキスト本文は14ピクセルから16ピクセル程なので参考にしてくださいね。

データに合わせる

セル内のデータ量に合わせて自動でセルが広がってくれます。セル幅が狭くて表示内容が隠れてしまう事は有りませんが、自分好みに微調整したくなるかもしれませんね。

まとめ

行や列のセル幅がきちんと調整されているとシートの内容が伝わりやすいです。デザイン的な意味合いもありますが、丁寧に作られた資料という印象を受けます。

見やすい資料作成が出来るのは、社会人はもちろん、学生でもポイントが高いです。覚えておくと色々と役立ちますよ。

無料なのでエクセルよりも手軽に使えますし、あえてエクセルと使い分ける事もあります。
仕事であれば知っていないと困りますよね。この記事が参考になれば嬉しいです。

画像:Googleスプレッドシート オーナー権限変更やファイルの共有方法
画像:Googleスプレッドシート 行や列を固定、解除する方法