スプレッドシートのセル内で改行する方法と削除する方法

Fueruブログ:スプレッドシートで改行する方法。ショートカット、スマホでの関数、音声入力

スプレッドシートは、セル内で改行すれば長いテキストでも好きな所で折り返す事が出来ます。でも改行するのにうっかり「Enterキー」を押すと、下のセルへ移動してしまいます。

テキストがセルからはみ出すなら改行よりも「セルを広げると良いのでは?」「折り返しを使えば?」と考えるかもしれません。

ただ「改行」は、正確に言うと「折り返す」機能とは結果が異なります。1つのセル内で上手く改行されたテキストは見た目の収まりも綺麗で、シート全体がとても見やすくなります。

そこで今回はスプレッドシートでの改行方法を2つ紹介します。

  1. ショートカットキーで改行する方法
  2. 関数で改行する方法

どちらもWindowsとMac、スマホでの改行についての解説になります。

スプレッドシートの操作だけでなく、Excelでも同じ操作方法なので知っておくと重宝します。

スプレッドシートのセル内で改行させる

Fueruブログ:Googleスプレッドシートの改行ショートカット。

普通のテキスト入力と違い、セル内のテキストを改行するには「Enterキー」では出来ません。改行するにはショートカットキーを使う必要があります。

パソコンでは、セル内でショートカットキーが使えるので、素早く好きな位置で改行が行えます。

スマホのスプレッドシートでは改行のショートカットキーが使えません。そこで記事の後半では関数や音声入力での改行方法を紹介します。

WindowsとMacの改行ショートカットキー

WindowsCtrl + Enter、もしくは Alt + Enter
MacControl + Return、もしくは Option + Return
WindowsとMacの改行ショートカットキー

今時だと、Teamsなどをはじめとした各種チャットツールでは改行するのに【Ctrl + Enter】を使うのが一般的。感覚的に理解しやすいのではないでしょうか。

セル内で改行する方法 パソコン版

実際にセル内で改行を入れる手順を説明します(画像はWindowsの場合です)。

STEP

セル内にあるテキストの改行したい位置でクリック。

STEP

Ctrl + EnterもしくはAlt + Enterでセル内のテキストが改行されます。

改行が出来たらそのままEnterキーで確定して終わりです。

改行して2行、3行と増えていくとセルの高さも変わり不揃いになります。シート全体で見ると凄く見栄えが悪いので、セルの幅や高さを揃えておきましょう。

画像:Googleスプレッドシート 行と列の幅を調整して見やすくする方法

テキストの折り返しと改行の違い

Fueruブログ:Googleスプレッドシートの改行とテキスト折り返し機能の違いを解説。

改行の位置が気にならなければ、セル幅に応じた成り行きで折り返す方法もありますが、どこで折り返されるのかはセル幅次第です。

この成り行きでの折り返しは楽ですが、そもそも改行では無いので変な所で折り返される事も有ります。一行で完結する程度の文章なら折り返しでも良いと思います。

改行の時と同様に、見た目を揃える必要がある時はセルの幅や高さを揃えておきましょう。

スマホでセルの改行方法は2つ

iPhoneやipad、Androidなどのアプリではショートカットキーは使えません。ですが、スマホで改行出来ない訳では有りません。

スマホでの改行方法は以下の2つがあります。

  • CHAR関数を使う方法
  • 音声入力で改行する方法

簡単なのは音声入力で改行する方法です。きめ細かくテキストを制御したい場合はパソコンで編集するのが一番です。

スマホでの改行方法はあくまで補助的なものと考えておいた方が良いです。

スマホでセルの改行にCHAR関数を使う方法

手間では有りますが「CHAR関数」を使えば改行させる事が出来ます(パソコンでも使えます)。

名前構文説明
テキストCHARCHAR(表の番号)現在のユニコード表に従って、数値を文字に変換します。
スマホでセル内のテキストに改行を入れる時に使える

構文のCHAR(表の番号)とは、最新のUnicode表から検索する10進法の文字の番号です。この10進法で改行コード「LF」を表すコード表記は「10」です。

つまり、CHAR(10)とする事で改行が入ります。

次に、実際にスマホで関数を使った改行の手順を解説します。

スマホで改行する方法、3ステップ

STEP

セルをタップし、次に画面右下にあるペンのアイコンをタップする事でテキストを編集出来るようになります(もしくは、単にセルをダブルタップします)。

Fueruブログ:スマホでセル内の改行。まずはセルを選択し右下のペンのアイコンをタップで編集、ステップ01。
STEP

テキストの編集エリアにCHAR関数を入力後、右のチェックアイコンをタップして確定させると改行されます。

Fueruブログ:スマホでセル内の改行。CHAR関数で改行を入れる、ステップ02。

改行したいセルを選択し、数式を入力します(記号は全て半角)。
関数(数式)の入力では最初に「=」を入れて始めます。

fx="テキスト"&CHAR(10)&"テキスト"

数式の場合、テキスト部分は「””(半角のダブルクォーテーション)」で囲みます。
「&」はテキストを連結させるのに使います。

STEP

先程の関数の入力を確定させると、実際に次の様に改行が入った表示になります。

Fueruブログ:スマホでセル内の改行。CHAR関数を入れて改行された結果、ステップ03。

スマホで関数の入力はとても不便です。「どうしてもスマホで改行させたい!」というので無ければ、関数の改行はおすすめしません。

スマホでセルの改行は音声入力が簡単

意外と知られていませんが、スマホならセル内テキストの改行は音声入力の方が簡単です。

Fueruブログ:スマホでセル内の改行。音声でセルの改行が出来る。
音声でセルのテキスト改行

スマホの強みは何と言っても音声入力が出来る事。スプレッドシートのセルの改行にも活用出来ます。

テキストの折り返したいタイミングで「改行」と話せば改行が入ります。テキストで改行という文字そのものを入れたい時はキーボード入力に戻します。

セル内の改行を削除するには置換を使う

シート内の複数のセルで改行を入れている場合でも一括で改行を削除する方法があります。

実際の所、改行は一括で消すよりも、不要かどうか確認しながら手動で消す方が良い気がします。ですが、改行が入っているセルを検索で見つけ出すには便利だと思うので一応紹介します。

改行を「検索と置換」機能で一括削除する方法

改行を効率よく削除するには「検索と置換」機能が便利。もちろん今回の改行を削除する以外にもよく使う機能です。

Googleスプレッドシートのメニュー【編集】→「検索と置換」から使う事が出来ます。

「検索と置換」は、シート内の文字列や数値等のデータを別のデータに置き換える機能。今回の様に、セル内の改行も削除する事が出来ます。

STEP

スプレッドシートのヘッダーメニュー【編集】→【検索と置換】をクリック。

STEP

検索と置換】では、検索対象の文字や置換する文字、検索方法などを設定していきます。

検索】の入力欄には改行を表す正規表現「\n」を入力。そのために【正規表現を使用した検索】にチェックを入れておきます。

次の【置換後の文字列】を空欄にすれば、改行を空白に置換(削除)する設定になります。

また、意図せず削除してしまわない様に、検索範囲を【このシート】にしておきます。

ここまで出来たら、【検索】ボタンをクリック。該当するデータがあれば、【置換】ボタンが押せる様になり、対照のセルが青枠で選択表示されます。

先にも書いた様に、改行の場合は一括置換(すべて置換)では無く、個別に置換していくのが良いです。

関数を使って改行した所は置換が出来ません。

まとめ スプレッドシートのセルの改行

今回は、セルのテキストを改行する方法を大きく2つに分けて解説しました。

  1. ショートカットキーで改行する方法
    • パソコンでのみ使える。
  2. 関数で改行する方法
    • スマホではCHAR関数を使って改行出来るがお勧めしない。
    • 実は音声入力で改行する方が便利。

WindowsとMacの改行ショートカットキー

WindowsCtrl + Enter、もしくは Alt + Enter
MacControl + Return、もしくは Option + Return
WindowsとMacの改行ショートカットキー

文章の必要な所で折り返すには改行が良いです。「折り返し機能」と上手く使い分けて下さいね。

画像:Googleスプレッドシート 行と列の幅を調整して見やすくする方法