Amazonの長いURLを短縮、安全でおすすめな方法2つ

画像:Amazonの長いURLを短縮、安全でおすすめな方法2つ

Amazonで気になる商品ページをシェアするならURLを短縮するのがおすすめです。

ご存じの通り、AmazonのURLは物凄く長いので、そのままだとTwitterに投稿したり自分用にメモするには不向きです。

そこでおすすめのURL短縮方法が以下の2つ。

  1. アマゾンのシェア機能でURL短縮する
  2. URL短縮サービスを利用する

どちらもSNSやメール、ブログなどが長いURLで埋め尽くされるのを防げます。

そこで今回は「アマゾンの機能でURLを短縮する方法」と「Amazon用のURL短縮サービスを使う方法」について解説したいと思います。

アマゾンのURL短縮はシェアボタンから出来る

画像:Amazonの商品ページでリンクを作成

実はアマゾンの商品ページにはシェアボタンがあります。SNSボタンを押せば、各SNSで最適化された短縮URLでシェア出来るようになっています。

単に短縮URLが欲しいだけの時は一番下の【リンクをコピー】で取得出来ます。

ちなみに、PCでもスマホでも同じ様に画面の右上にシェアボタンがあります。

https://amzn.asia/d/c1t7sGV

短縮サービスを使うよりも、アマゾンのページで短縮URLを取得した方が早くて確実だと思います。

Amazon URL かんたん短縮メーカー : URL短縮サービス

Amazon URL かんたん短縮メーカーとは、Amazon商品ページの長いURLを簡単に短縮するサービス。

SNSでの共有やメール、ブログなどで長いURLが貼ってあると、画面を圧迫してしまいます。しかもかなり怪しいです。

優れているのは、短縮URLを発行するのではなく公式のURLをそのまま短くしてくれる所。つまり短縮前のURLをサーバーに保存しないので、安全ですし利用期限もありません。

短縮後のURLもAmazonのままなので、何のURLか伝わり易いです。

ウェブサイトにHTMLでリンク先を記述する場合にもおすすめです。

提供元:Amazon URL かんたん短縮メーカー

短縮URLを試してみた

実際にAmazonの商品ページで試してみます。

Amazonの商品ページ

商品のURL

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%BB%E3%81%A9%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%80%88%E7%9B%AE%E3%81%A7%E8%A6%8B%E3%81%A6%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%80%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%9C%AC%E3%80%82%E3%80%89-%E7%AD%92%E4%BA%95-%E7%BE%8E%E5%B8%8C/dp/4844365177?ref_=Oct_d_obs_d_502746&pd_rd_w=iimlq&content-id=amzn1.sym.49c187a3-45c4-4299-a3ed-7c4611f4428b&pf_rd_p=49c187a3-45c4-4299-a3ed-7c4611f4428b&pf_rd_r=SCMPH51F2TNSTG5VKSNQ&pd_rd_wg=jmAeg&pd_rd_r=21200377-2bb5-4929-9b8d-0390da0a9939&pd_rd_i=4844365177

元のURLに入っていた日本語部分がURLエンコードされてとても長いです。

Amazon URL かんたん短縮メーカーに貼り付け

STEP

Amazonの商品ページのURLを貼り付けて【短縮】ボタンをクリック。

画像:amazonのURL短縮サービスの手順1
STEP

上手くいけば短縮URLが表示されます。

画像:amazonのURL短縮サービスの手順2

短縮後のURL

www.amazon.co.jp/dp/4844365177

これだけ短くなれば、SNSやメールでも問題なく使えますよね。アクセスすると正しく商品ページが表示されます。

AmazonのURL短縮、まとめ

今回はAmazonの商品限定でしたが、長いURLを誰かと共有する際にはURLを短縮するのがおすすめ。

長すぎるURLはSNSでは使いにくいですし、サイトやメールなどで画面を圧迫して見辛くなってしまいます。

Amazonの商品ならページ内で短縮出来るので便利ですよね。