lolipop(ロリポップ)でワードプレスのインストール 設定を解説

画像:lolipopのワードプレス簡単インストール 設定を解説!

最近スペックが大幅に向上したロリポップでは、WordPress(ワードプレス)だって簡単にインストール出来てしまいます!ロリポップの公式サイトに分かり易い説明ページもあります。

そんな、ただでさえ分かり易いインストールを、更に分かり易く説明して行きたいと思います。

個人活動を加速させる為にブログを始める人が増えていますね。

画像も入れて説明してあるので初心者の方でも大丈夫です。手順通りやれば難しくありません。

困った時はメール・電話・チャットで対応してくれます。
チャットで対応してもらえるのはいいですよね。電話だと専門用語とか出てきたらドキドキしますから。

WordPress(ワードプレス)簡単インストール

ロリポップには「WordPress簡単インストール」という機能があります。名前の通りですが、手順に沿って情報を入力すれば、WordPressのインストールが完了します。

画面左のメニューからサイト作成ツールを選択

画像:lolipopのWordPress簡単インストールメニュー
ロリポップのワードプレス簡単インストール

左メニューの「サイト作成ツール」→「WordPress簡単インストール」から。

WordPress簡単インストール

サイト作成ツールの中に「WordPress簡単インストール」があるので選択します。
「WordPressのインストール先・設定」というページが表示されます。

WordPressのインストール先・設定

図解:lolipopのWordPress設定 URLの入力
ロリポップのワードプレス サイトURL入力

インストール先 – サイトURL ドメイン

ロリポップの※ドメイン無料キャンペーンで貰った独自ドメインがあれば入力します。キャンペーンを利用しなかった場合は、ご自身で取得してくださいね。

※条件を満たせば 12ヶ月契約するとドメインがずっーと無料!

ドメインずーっと無料!はこんな感じです。

インストール先 – サイトURL ディレクトリ

ここはあえて空白でも構いません。もちろんドメインの下層ディレクトリ(フォルダ)にインストールする事も可能です。
その場合は別途ファイルの書き換えをする必要があります。自信が無ければ空白にしておきましょう。

WordPressの設定

画像:lolipopのWordPress設定
ワードプレスの設定

サイトのタイトル

そのままです。サイトのタイトルを入れます。ワードプレスのインストール後に管理画面から変更出来るので空白でもOK。

②ユーザー名

ワードプレスのログイン画面で必要になります。

③パスワード

同じくワードプレスのログイン画面で必要になります。忘れないでね。

④メールアドレス

ワードプレスからの大事な通知を受け取るアドレスを入れます。ワードプレスをインストール後の管理画面から変更出来ます。

⑤プライバシー

これからブログの設定をしていくので、今はまだ公開したくはありません。なのでチェックは外しておきましょう。

これもインストール後の管理画面からチェックの付け外しが出来ます。記事を作成出来たら忘れずに「公開する」設定にしましょう。

すべて問題なければ、一番下の「入力内容確認」をクリックしてください。

インストールするWordPressの設定確認

図解:lolipopのWordPressインストール確認
承諾してインストール

①承諾する

入力内容が表示されますので、問題なければ、「承諾する」にチェックを入れ、「インストール」をクリック。

インストールしたWordPressの確認

画像:lolipopのWordPressの管理画面のURL
ログイン画面のURL

もうこれでインストールが出来てしまいました。インストール先に「index.html」ファイルがある場合は削除しておく必要があります。初期状態では存在しないと思いますが。

①管理者ページURL

管理者ページとはワードプレスへのログイン画面の事です。最初に設定入力した、ユーザー名とパスワードでログインします。

管理者ページURL: https://独自ドメイン/wp-admin/

セキュリティ対策の為、以下のプラグインでの設定をおすすめします。

画像:SiteGuard WP Plugin設定と使い方 WordPressプラグイン

SiteGuard WP Pluginの設定と使い方 WordPress必須プラグイン

独自ドメインにはSSL設定しておきましょう。

図解:SSL設定 保護された状態
※SSLとはネット上のデータのやり取りを暗号化して保護するしくみです。Googleが推奨していて、対応しないとブラウザで警告が出る事があります。SEO上も好ましくありません、もはや対応は必須です。

もし設定していないのであれば、設定しておきましょう。

図解:lolipopのWordPress 一般設定サイトURL
アドレスをSSLに変更する

左メニューの「設定」→「一般」から。

独自ドメインにSSL設定をしてあったとしても、ワードプレスの管理画面には反映されていません。その為、インストール後に「http://」から「https://」へ変更しておきましょう。変更して保存すると一度強制的にログアウトします。

また普通にログイン出来ますのでご安心を。今後、サイト表示は「https://独自ドメイン/」で確認してください。アドレスバーに鍵マークが出ていて「接続は保護されています」となれば問題無く設定出来ています。

①WordPressアドレス(URL)

ワードプレスインストール後に「http://」から「https://」へ変更。

②サイトアドレス(URL)

こちらもワードプレスインストール後に「http://」から「https://」へ変更。

おまけ ロリポップでのSSL設定方法

独自SSLで保護されているかを確認してみましょう。

図解:lolipopの独自SSL設定確認
lolipopの独自SSL設定確認

左メニューの「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」から。

①「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」を選択

独自SSL(無料)の設定画面へ。

②独自SSLで保護されているドメイン

SSL設定されていればここにドメインが表示されます。

独自SSLで保護されていない時は?

画像:lolipopの独自SSL保護されていないドメイン
lolipopの独自SSL保護されていないドメイン

①独自SSLで保護されていないドメイン

まだSSL保護されていないドメインの一覧が表示されます。

②独自SSLで保護したいドメインを選択

独自SSL保護を有効にしたいドメインにチェックを入れます。

③独自SSL(無料)を設定する

ボタンをクリックすると「SSL保護無効」から「SSL設定作業中」に変わります。
設定は5分ほどかかります。完了すると「SSL保護有効」になり「SSLで保護されているドメイン」の方に表示されます。

まとめ

いかがでいたか?ひとつずつ設定すれば簡単ですね。

注意点として、

独自SSLはドメイン取得時にやっておくと良いです。説明の様にインストール時でも可能です。インストール後は管理画面からURLを「https」に変更するのを忘れないように。