実は簡単、高性能エックスサーバーでWordPressインストール

画像:実は簡単・高性能なエックスサーバーでブログするなら「WordPress簡単インストール」

一見難しそうな印象を持つ方が多いエックスサーバーですが、実は堅い印象があるだけで別に難しいわけではありません。

ブロガーの中には勝手な苦手意識から、他のサーバーを薦める人もいます。性能面では企業のサイトでも安心して使えるレベルなので、ブログでも使わなければ勿体ないです。

それでも不安な方向けに、「WordPress簡単インストール」機能を分かりやすく解説しています。他のレンタルサーバーよりも高機能なのでライバルに差を付けたいならおすすめです。

画像を使って説明してあるのでPC操作が苦手な方でも、手順通りやれば難しくありませんよ。

FUERU
カジュアル感は無いですが、性能重視ならおすすめです。

WordPress(ワードプレス)簡単インストール

エックスサーバーには「WordPress簡単インストール」という機能があります。今時の人気レンタルサーバーはどこも「Wordpressのインストール機能」がありますね。

画面左下のメニューからWordPress簡単インストールを選択

画像:エックスサーバーの「WordPress簡単インストール」項目画面説明
サーバーパネルの「WordPress簡単インストール」画面

まずはXSERVERのサーバーパネルからログイン。

画面左下メニューの【WordPress】→【WordPress簡単インストール】から。

WordPressのインストールと設定

図解:エックスサーバーのWordPressインストール設定
WordPressインストール設定

設定対象ドメイン

インストールしたいドメインを選択し、【変更】ボタンをクリック。

②サイトURL ディレクトリ – インストール先

①で選んだドメインが入っている事を確認します。もちろんドメインの下層ディレクトリ(フォルダ)にインストールする事も可能です。ここはあえて空白でも構いません。

下層にインストールする場合は別途ファイルの書き換えをする必要があります。自信が無ければ空白で大丈夫です。

➂ブログ名

WordPressのインストール後に変更も出来ます。ここでは仮でも良いので一旦何か入れておく必要があります。

④ユーザー名

WordPressの管理画面ログイン時に入力するユーザー名です。忘れない様にね。

⑤パスワード

同じくWordPressの管理画面ログイン時に入力するパスワードです。

⑥メールアドレス

WordPressからの通知を受け取る為のものです。重要な通知もあるので受け取りやすいアドレスを設定しましょう。

⑥データベース

特に理由が無ければ、【自動でデータベースを生成する】で大丈夫です。

WordPressのインストールを確認

図解:エックスサーバーのWordPressインストール確認
エックスサーバーのWordPressインストール確認

インストール内容に間違いが無ければ【インストールする】をクリック。

WordPressのインストール完了

図解:エックスサーバーのWordPressインストール完了画面
エックスサーバーのWordPressインストール完了画面

インストールの完了です。簡単でしたね。

※【ユーザー名】【パスワード】内容はログイン時に必要です。
※【MySQLデータベース】の方は専門知識が必要ですが、トラブルの際は必要なので忘れない様にして下さいね。

①サイトURL

WordPressをインストールしたサイトURLが表示されます。「http://」はセキュリティ対策の為にSSL化しなければいけません(「https://」)。後程、解説いたしますね。

②管理画面URL

WordPressのログイン画面アドレスです。①サイトURLと同じで、SSL設定が必要なので解説いたします。

URLにSSL設定する

図解:エックスサーバーのSSL設定
エックスサーバーのSSL設定

サーバーパネルの右上あたりに【ドメイン】→【SSL設定】があります。

独自ドメインのSSL設定とは

図解:SSL設定 保護された状態
※SSLとはネット上のデータのやり取りを暗号化して保護するしくみです。Googleが推奨していて、対応しないとブラウザで警告が出る事があります。SEO上も好ましくありません、もはや対応は必須です。

ドメインを選択する

図解:エックスサーバーのSSL設定対象のURLを選択
SSL設定対象のURLを選択

先程のWordPressをインストールしたドメインを選択します。そのドメインにSSLを設定します。

設定対象ドメイン選択

図解:エックスサーバーのSSL設定変更・反映待ち
SSL設定変更・反映待ち

①設定対象ドメイン

設定対象にしたいドメインを選び、【変更】ボタンをクリック。
選んだら右下にある【追加する】ボタンをクリックしましょう。

反映待ち】というアイコンが出ますので、反映されるまで待ちましょう。

ヘルプページには、「無料独自SSLは追加後、サーバーに設定が反映され利用可能になるまで、最大で1時間程度かかります。」と書かれています。実際はそこまで掛からない事が多い様ですが。

WordPressにも適用させる

独自SSL設定が反映された後は、忘れないうちにWordPressの管理画面でSSL設定を適用しておきましょう。

図解:lolipopのWordPress 一般設定サイトURL
アドレスをSSLに変更する

左メニューの【設定】→【一般】から。

①WordPressアドレス(URL)

WordPressをインストールした場所。httpsに書き換えるだけで大丈夫です。

②サイトアドレス(URL)

こちらもhttpsに書き換えましょう。ちなみにこちらのURLは実際に表示させる際のURLです。

入力し保存すると一旦強制的にログアウトします。再度普通にログイン出来ますのでご安心を。今後、サイト表示は「https://独自ドメイン/」で確認してください。アドレスバーに鍵マークが出ていて「接続は保護されています」となれば問題無く設定出来ています。

まとめ

いかがでいたか?ひとつずつ設定すれば簡単ですね。

WordPressのインストールからその後の独自SSLの設定までを解説しました。独自SSL設定後はURLが「https」になっているか確認してくださいね。

この記事が参考になれば嬉しいです。

画像:安定や実績で選ぶのならおすすめはエックスサーバーで決まり!

安定や実績で選ぶのならおすすめはエックスサーバーで決まり!

画像:lolipopのワードプレス簡単インストール 設定を解説!

lolipop(ロリポップ)でワードプレスのインストール 設定を解説

画像:ConoHa WINGパックでドメイン取得からWordPress設定までの全手順解説

ConoHa WING(コノハウィング) でワードプレスの始め方と設定手順を解説